福祉用品で快適ライフ♪お得な福祉用品通販ランキング

top > 福祉用品について > 介護生活を有意義にするための福祉用品

介護生活を有意義にするための福祉用品

福祉用品とは、介護に必要な用具のことです。
例えば、歩行補助つえ、車椅子、歩行器、床ずれ防止用具、手すりなどです。
一人では生活が困難で介護が必要な方が使用する用具です。
足の不自由な方、寝たきりの方、手の不自由な方など様々な方がいます。
また、介護が必要な方を介護する方への負担を軽くするための用具です。
これらの用具はレンタルすることもできます。
必要な時期だけレンタルして費用を抑えることもできます。
介護保険適用で購入するものもあります。
腰掛け便座、簡易浴槽、リフト釣り具などは購入できます。
体が不自由になり介護が必要になると本人だけでなく支える家族や周囲の方への負担も大きいです。
利用できる便利な福祉用品を上手に利用して少しでも負担を軽くしましょう。
超高齢者社会となるので高齢者が介護することも考えられます。



福祉用品、車いすの後悔しない選び方とは

福祉用品は、介護する側とされる側、双方にとって使い勝手がよいものを選ぶことが大切です。
上手に選択することで、より快適な生活をめざすことができますよ。
 車いすについて考えてみると、まずは、利用者が安心して使える仕様であることが、とても重要ですね。
安定した姿勢で乗れて、座りやすいものが基本です。
さらに、利用者の体型に合わせたもの、移動方法に合ったサイズや機能のものを選ぶと良いでしょう。
使用する場所は屋内か屋外か、使用時間の長短など、あらかじめ利用目的をはっきりさせておくと選びやすくなりますね。
 また、事前に、車いすの使用にあわせて周辺の環境を整えておく必要もあります。
部屋の中をバリアフリー対応にして、車いすが移動しやすいように整えておけば、利用者の生活の向上にもなりますし、介護者の負担も少なくなることでしょう。



福祉用品の選び方を知りたい方へ

福祉用品の選び方を知りたい方へお教えします。
まず、車いすです。
これは、バッテリーが搭載された電動式と自分で又は介助者に押してもらう手動式の二つがあります。
まず、はじめに検討する事は車いすの選び方は、室内で使用するのか、屋外で使用するのかによって違います。
また、使用される方の身体能力がどのくらいかによって使う車いすが変わってきます。
手先だけの場合には、電動のもの、又、上半身の体力がある方は、手動式等使用する事が出来ます。
そのあたりを検討して購入する事です。
短期の場合には、レンタルをする事も出来ます。
また、使用するにあたって、住宅環境も関わってきます。
廊下の広さやドアの広さ等を確認した上で、スリムタイプのものにする等検討する必要があります。
最終的には、使用される方が座り心地の良い物、それからサイズ等を実際に座ってみて検討する事です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP