福祉用品で快適ライフ♪お得な福祉用品通販ランキング

top > 福祉用品について > 家のバリアフリー化はいつ頃がベスト?

家のバリアフリー化はいつ頃がベスト?

 住まいのバリアフリー化を考えていく時に、時期を見極めていくことも重要なポイントです。それぞれのご家庭の状況によって、時期を決めていくことが必要ですが、住まいの問題点をいろいろ改善していきたい時に、まとまった費用がかかる場合、ローンを組むことも考えて、仕事を続けている内に早めに検討する事をおすすめします。定年退職をして、仕事を辞めてしまっているなど、まとまった金額のリフォームでローンを組むのが難しくなる可能性があります。
夫婦で老後の暮らしを話し合って、バリアフリーを導入する事も含めて、住まいの計画を立てていくことで、定年退職をする前に、安心して老後の生活を送れる住まいづくりを行い、完成を目指せます。老後を家で楽しく過ごせるように、早めに問題点を解決する事も大切です。

 親と一緒に生活をする方も多く、家族で協力し合って生活ができるように、バリアフリー化を進めることで親の介護の負担も軽減できます。生活しにくい住まいだと、介護が必要な家族がいる時に、お風呂やトイレのサポートが難しかったりと、移動するだけで大変に感じる方もいます。
廊下が広く、段差が少ないことで、トイレまでスムーズに車いすで移動できるなど、安心して生活できるようになる方も多いです。家族が介護をする場合、腰痛など身体の負担に気を付けることも重要になるため、バリアフリー化を進めて、介護がしやすくなることで、身体への負担を軽減させることにつながります。親の健康状態を見ながら、子供が生活のサポートをしていきたい時に、バリアフリーを進めることを検討するのも大切なポイントです。

 生活しやすい空間に変えることで、段差が少なくなり、老後の暮らしで安心して移動ができたり、子供も家の中で遊ぶ時に、ケガをしないように対策を取りやすくなります。また、トイレなど、座ったり、立ち上がる時に手すりがあることで、安心できますし、転ばないように気を付けることができます。
車いすで移動をすることも考えて、玄関の段差を抑えたり、車で玄関近くまで行けるなど、病院へ行く時も移動をスムーズに進められるように住まいの工夫を進めていく方法もあります。リフォーム業者に相談をして、バリアフリーのことを学んだり、希望を伝えて、住まいで気になっている所を改善してもらうことで、安心感を持てます。丁寧な仕事で相談もしやすい業者を見つけることで、頼もしさを感じながら、住まいのリフォームを任せることができます。

カテゴリ

PAGE TOP