福祉用品で快適ライフ♪お得な福祉用品通販ランキング

top > 福祉用品について > 生活の質を向上できる福祉用品の選び方

生活の質を向上できる福祉用品の選び方

福祉用品は、病気や怪我などの理由で身体機能が低下した高齢者が生活の質を高めるうえで、利便性の高いものとして位置づけられています。
近年では、食事や入浴、排せつなどの際に役立つ製品に対する需要が高まっていますが、一人ひとりの日常生活動作に合ったものを選ぶことが重要です。
また、福祉用品の購入やレンタルの仕方に関しては、一般の消費者が分かりにくいことがあるため、市区町村の役所に問い合わせたり、各地域のケアマネージャーからアドバイスを貰ったりすることが有効です。
なお、福祉用品の種類によっては、購入時に介護保険を利用できることがあり、費用の負担を大幅に軽減することが可能です。
その他、メンテナンスが簡単に行える製品を選ぶことにより、将来にわたって各自の体型や生活のスタイルに合ったものを長く使い続けることができます。



通販でまとめ買いやレンタルが便利な福祉用品

福祉用品は買うこともできますがレンタルもできます。
車いすや電動ベッドなど高額なものはレンタルで済ましたほうが安く済ませられます。
病院に入る予定など、使う期間が短いことが分かっている場合はレンタル会社で借りましょう。
介護をしているとさまざまな用具が必要となります。
スロープや手すり、お風呂用のいすや踏み台、便座やポータブルトイレなどです。
歩行困難な場合は靴や杖も必須となってきます。
衣類も着脱しやすいものが必要となります。
普段のもので代用しづらいものばかりであり、介護するためにこれらの福祉用品を揃える必要があります。
口腔ケア関連や食事関連のグッズはレンタルよりも購入する場合が多いです。
使い捨てのオムツとともに、まとめて買っておくと配送料などの料金も安くて済みます。
ウェットティッシュや口を潤すジェル、経口補水液など身体が不自由になったときに少しでも楽になるグッズがたくさん開発されています。



機能性に富んだ福祉用品の選び方

福祉用品は、体が不自由な人や高齢者の生活をサポートする優れモノとして知られ、一人ひとりの体格や動作に適したものを選ぶことが大切です。
最近では、日常生活の様々な場面で役立つ商品が扱われている専門店が街中に増えていますが、専門的な経験や資格を持ったスタッフに相談をすることで、使い勝手の良いものを見つけることが可能です。
また、介護保険制度の対象となる福祉用品の種類は、時に変更が行われることがあるため、定期的に役所の担当者とコンタクトを取ることがおすすめです。
なお、完全オーダーメイドの福祉用品を選ぶにあたっては、入浴や排せつなどの機能について、医師をはじめとした専門家に判断をしてもらうことが効果的です。
その他、家庭内で安全に使えるものを取り入れるうえで、日頃から家族が率先して情報収集をすることが肝心です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP