福祉用品で快適ライフ♪お得な福祉用品通販ランキング

top > 福祉用品について > 福祉用品の中には介護関係があります

福祉用品の中には介護関係があります

福祉用品の中で一番早く頭に浮かぶと言うのに介護の分野があります。
その中でも車椅子やベッドが身近となります。
一番使われている用品でもあるからです。
つまりは動くからです。
まず最初は車椅子です。
身体が不自由な人が動く場合に必ずや使用されると言うのが車椅子です。
椅子に車輪が着いている用品と言う事になります。
障害者や介助を必要とする人が主に使うタイプの用品です。
その多くは高齢者の存在です。
まず足腰が不自由な人が使うとされるこの車椅子です。
オーソドックスなものがあれば、かなり可動性のあるタイプの車椅子まであります。
そしてベッドですが、一番は、人がベッドの上で眠っている、または過ごしていると言う場合に、出来るだけ身体の体勢を変えられると言う機能があるベッドです。
つまりはリクライニング出来ると言う機能が付いていると言う事です。



福祉用品には介護に関係するものもあります

福祉用品の中に多く存在するのが介護に関係してくるものがあります。
一番身近に見受けられるのが車椅子の類です。
座面と背もたれが布地になっていて、しかも、座面の布を上に持ち上げれば畳式になっていて収納が楽になるタイプと言う事になります。
使用用途は障害者や高齢者、または身体の不自由なお年寄りに一番に使用されてると言うタイプの福祉用品です。
特に足腰の弱い人には使われます。
この車椅子は、オーソドックスなものでは特に動ければ良いとされるものから、近年では機能性が優れていると言うタイプのものまであります。
つまりは移動しやすいように出来ていると言う事です。
足を乗せる部分も外せたり、動かす事が出来ます。
つまりは脚が余り動かせない人でも移動しやすいようになっています。
そして肘を置けるサイドの部分も前部分から後ろに倒せるように出来てもいます。



福祉用品は個人で買うのではなく市や区で購入

お年寄りや障害者には福祉用品が、必要不可欠になってます。
市や区で申請をすれば、購入時に助成してくれることもあります。
生活の中で必要になるもの杖や歩行器、車いすやベッドなどを言い、体の不自由な方に対して補助出来るものとなってます。
そのまま個人で購入すると全額自腹になってしまうので、相談してみるといいですね。
この福祉用品を購入する時には、対応出来る所が決まってる場合が多いので、業者が一覧になってるものを送ってもらうと、希望の業者に依頼をして必要となる用品を、自宅に届けてもらうことが出来ます。
購入する方法以外に貸与もしてるので、お年寄りや障害者方で対象でなければ、毎月の利用料金を支払って活用することも出来るようになってます。
福祉用品には多くの種類がありますので、自宅で生活してる時に不自由を感じてる方は、我慢せずに市や区を頼ることでサポートをしてくださいます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP