福祉用品で快適ライフ♪お得な福祉用品通販ランキング

top > 福祉用品について > 福祉用品はレンタルと購入できるものの両方が存在

福祉用品はレンタルと購入できるものの両方が存在

福祉用品は主に心身の不自由になってしまった高齢者の生活をサポートするためのアイテムとなります。
この心身の不自由になってしまった人の生活をサポートするためのアイテムは様々ありまして、例えば介護用のベッドやポータブルトイレ、車いすや歩行杖などとなります。
これらのアイテムを利用する場合はすべてを買うことなく、レンタルで利用できるモノがあります。
レンタルで利用できるモノの代表例は先ほどのベッドやトイレなどとなります。
この場合は要介護や要支援のランクをされていると、介護保険を利用して現在は1割の価格で割安で借りることができます。
ただその借りられる用品は要介護や要支援のランク次第で制限されることとなります。
もし借りてるそれが何らかの理由で不要となると、それらの用品はゴミとして扱うことなく返却をすることができるようになります。
一方で一部の用品、例えば自動排泄装置の交換可能部品などは購入の対象となります。
しかし介護保険でそれらを買おうとしても、その際には市町村に事前申請をする必要が生じるので注意しないとなりません。



福祉用品はレンタルで、お特な利用術とは

障害のある方やお年寄りなどの在宅生活の支えとなるもの、それが福祉用品です。
「多少の不便はあっても、住み慣れた自宅で普段通りの生活を過ごしたい。
」そんな願いを、経済的な負担を抑えながらかなえるために、レンタルの利用をおすすめします。
 レンタル可能なものにはどのようなものがあるでしょうか。
例えば、介護用ベッドや車いす、手すり、リフト、歩行補助杖などがあります。
これらは、要支援や要介護の認定を受けていれば使用限度の範囲内に限り、当事者の負担は利用料の1割となります。
介護認定を受けていれば、介護保険の対象になるので本当に助かりますね。
ただし、要介護状態により、レンタルできるものが異なるので注意が必要です。
レンタルの手順ですが、まずは、スタッフが介護保険制度や公的サービスについての話をします。
その後、それぞれの方に最適な用具を提案、料金や仕組み等を納得の上、決定しましょう。



福祉用品、介護用ベッドのメリットとは

数多くある福祉用品の中で、日常的に使う物の代表として「介護用ベッド」があります。
介護用ベッドとは、「寝たきりになった時に使用するもの」とお考えの方もいるかもしれませんが、そうではありません。
朝、起き上がるときの辛さを感じている方は、使用により、その悩みが解消するかもしれません。
介護用ベッドは、起き上がりを補助する機能を備えており、利用者へのサポートと介護者の負担を軽減することを目的にしています。
 介護用ベッドには「背上げ」「高さ調整」「膝上げ」の3つの機能が備えられています。
背上げをすることで簡単に身体を起こすことができ、好みの角度に調整ができます。
食事介助や車いすへの移動が楽にできるので、介護者は助かりますね。
さらに、高さ調整の機能により、立ち上がりやすい高さに設定しておけば、利用者が自分で行動するのをサポートできますね。
膝上げは、背を上げる際に体がすべらないように配慮するのと同時に、足のむくみ対策にもなります。
 このように、お年寄りや障害のある方などの生活のサポートに、とても役立つのが介護用ベッドです。
レンタルなども利用できますので、是非、活用したい福祉用品ですね。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP